HOME » 大気圧プラズマ事業部

大気圧プラズマ事業部

高効率、低価格の大気圧プラズマユニットを販売いたします。

接着、メッキ、塗装前等の表面クリーニング、濡れ性向上等表面改質効果により、品質、歩留まりの向上等の課題の解決が期待できます。

特設サイトにて大気圧プラズマ装置の最新詳細情報をご覧いただけます。
大気圧プラズマ装置特設サイト:http://www.aqa-kyoto-plasma.com/

直下型プロセス方式 大気圧プラズマ表面改質装置

素材の表面に向けて、直接プラズマを発生させるため、表面改質、微小異物除去等の効果が高く、高速処理が可能です。

  • 用途
    樹脂フィルム、金属の濡れ性向上等表面改質、微小異物の除去等。
  • 特徴
    高速処理が可能。小型、軽量、安価。
    窒素、アルゴン他 各種混合ガス、乾燥空気での処理も可能。

弊社のプラズマユニットは、真空(減圧)チャンバー等の大掛かりな設備は必要としません。処理ガス供給部は独立した構造のため、処理に使用するガス種を選びません。(※1)
シンプルで省スペースなシステムを構築できるため、試作装置の製作、既存装置に取り付けての運用も低予算で可能です。
(各種素材用テスト機を用意しております。効果をお確かめください。)

株式会社NTP代表取締役社長佐々木亘氏(宮崎大学名誉教授)の技術サポートを頂いております。
株式会社NTP:http://www.ntp-vuv.com

プラズマ照射テスト【直下型プロセス方式】(画像をクリックで拡大します。)

汎用テスト機
フィルムテスト機
Adobe Flash Player を取得
アルミ箔テスト結果
未処理のアルミ箔(左)と処理後のアルミ箔(右)

ドライ洗浄プロセスの主な種類と特徴

波長 使用ガス 処理温度 オゾン 特徴
大気圧プラズマ
直下型方式
プラズマ N2, Ar, 空気等 発生(※2) 表面改質効果が大きい。
処理速度が早い。
大気圧プラズマ
ジェット方式
プラズマ N2 照射距離約が長い。
立体物にも対応可。ダメージが少ない。
Ar エキシマ 126nm Ar 洗浄効果が高い。
処理温度が高い。バッジ式対応可
Xe エキシマ 172nm N2 ランプの予熱不要。
ダメージが少ない。
低圧水銀ランプ 256/185nm 不要 やや高 発生大 照射距離が長い。広面積処理に適する。
予熱時間が必要。

(※1) 腐食性ガスは使用できません。
(※2) 酸素を含まないガス中で処理する場合、オゾンの発生はありません。

プラズマジェット型 表面改質装置

照射距離が長く、非導電体の対象物にも処理可能な、”プラズマジェット型”タイプ

  • 用途
    非導電材、立体物、窪みのある素材等の濡れ性向上等表面改質及び洗浄。
  • 特徴
    プラズマガスをスリットから放出する構造のため、処理対象物の素材を選びません。
    対象物にアースを接続する必要が無く、熱や電気的ダメージはほとんどありません。(※3)
    処理用ガスはN2(窒素)を使用します。高価なガスは必要ありません。

プラズマイオン照射テスト

Adobe Flash Player を取得

■各素材約3秒照射(画像をクリックで拡大します。)

ガラス
(左:未処理 右:照射後)


(赤線より上:照射後 下:未処理)

ポリイミドフィルム
(赤線より上:照射後 下:未処理)

ハンディータイプ プラズマジェット表面改質テスト装置

小型プラズマジェットユニット内蔵により、手持ち作業ができる大きさにコンパクト化。
スリットからプラズマガスを放出するため、広範囲のプラズマ処理が可能です。
本体への接続はAC100V(アース付き3芯)、N2ガス用チューブのみです。
手軽な運用と効果をご確認ください。

HPJ-01 セパレート型
プラズマジェット表面改質装置

卓上作業用 電源分離により小型、軽量

照射ガン全長:155mm
照射ガン重量:450g
総重量:2500g
プラズマ照射幅:約25mm
プラズマ照射距離:約10mm以上

【必要ユーティリティ】
AC100V(アース付き3芯コンセント)
N2 供給φ6チューブ

HPJ-02 一体型
プラズマジェット表面改質装置

電源一体型による機動性、簡単操作

装置全長:285mm
装置重量:1400g
プラズマ照射幅:約25mm
プラズマ照射距離:約10mm以上

【必要ユーティリティ】
AC100V(アース付き3芯コンセント)
N2 供給φ6チューブ

(※3) プラズマガスは60℃程度まで昇温することがあります。電気的ダメージ等については、本機にてテストをお願いいたします。

*周囲の空気中の酸素と反応し、多少のオゾンが発生します。換気設備の有るエリアでご使用ください。
*ご使用の際には、N2の供給設備が必要です。(ソフトチューブ外径φ6により供給 20L/min 以上)
*一部外観及び内部構造の変更を行うことがあります。

大気圧プラズマ装置の最新詳細情報は特設サイトにてご覧いただけます。
大気圧プラズマ装置特設サイト:http://www.aqa-kyoto-plasma.com/

▲ページ先頭